interact-photogallery.net」ドメインでアクセスしている方へ
お手数をおかけしますが、「日本湖沼めぐり」のドメインを「lakes-japan.net」へ移行するため 新しいドメインのトップページへアクセスし直してください。
大変恐れ入りますが、よろしくお願い申し上げます。
新しいドメイン http://www.lakes-japan.net
閉じる
ホーム 関東甲信越の湖沼 お谷が池(才谷ヶ池)

お谷が池(才谷ヶ池)

OTANIGAIKE POND

大利根の住宅街の中にある3つの河跡湖のうちの1つ

Lake Travelogue : #441
Update : 2021/06/26
お谷が池
概要
埼玉県加須市東部の新興住宅街「大利根ニュータウン」周辺に、 南北方向に池が3つ並んでいる場所があります。
北から、お花が池、お谷が池(才谷ヶ池)、善定寺池の3つの池があります。 3つの沼はほぼ等間隔で、ほぼ同じ大きさで並んでいる、ちょっと面白い場所です。

いずれの池も、かつてこの周辺に流れていた浅間川の河跡湖とのことで  まさに三つ子の池と言えるかもしれません。
いずれの池も、所在地は行政区画上は加須市ですが、2010年3月までは大利根町に属していた場所であり、 1.5kmほど東にはJR・東武の栗橋駅があるので、どちらかというと栗橋の近傍という表現のほうが 適切かと思います。

3つの池のうち、中央に位置するのがお谷が池。 才谷ヶ池(さいたにがいけ)という別名もあります。
お谷が池は、大利根ニュータウンの、まさに現在造成中といった趣の 住宅街のなかに位置しています。周辺には真新しい住宅が立ち並ぶ中で、この池だけが葦原と 林に囲まれていて、少し異質な雰囲気を漂わせています。
南にある善定寺池も、住宅地の中に 住宅街の中の葦原に囲まれた池、という点では同様ですが、このお谷が池は さらに周囲に林があるという点が異なります。
ちょうど周囲の草むらにはキジの姿も見られ、ニュータウンの中とは思えないような 長閑な風景が広がります。
ニュータウンの中で取り残されたように佇むお谷が池と周囲の林。
都市の貴重な自然として保全されれば良いと思うのですが、開発の波は直ぐそばまで迫っています。 この池を残す想定で都市整備計画が進んでいるのか、その逆なのか。 お谷が池の将来は、どうなるのでしょうか。

訪問記
訪問記1:2021/05/08
お谷が池
新興住宅街の中にあるお谷が池。
その立地ゆえか、お谷が池は、写真にあるような背の低い柵に囲まれ、立ち入り禁止になっています。
お谷が池
住宅街のなかのお谷が池。
現在は利活用されている様子もなく、ひっそりとしています。
お谷が池
池の周囲には林が広がるなど、自然が豊かです。
ただ、この林も住宅地の造成で確実に縮小してきています。
お谷が池
お谷が池を東側から望む。
お谷が池
この池、とてもいい雰囲気の池だと思うのですが 水難事故の危険性を考えると、開放できないのもやむを得ないところでしょうか。
お谷が池
かつては釣り場として使われていたことがうかがい知れます。
お谷が池
どこかで聞いたようなけたたましい鳴き声がすると思ったら・・・
やっぱり、キジでした。
お谷が池
住宅街のすぐそばにキジがいる。
黒浜沼でも同じような状況でしたが、案外彼らは人を恐れないのかもしれません。
お谷が池
岸辺ではカモが休んでいました。
お谷が池
カモの着水。
お谷が池
とても良い雰囲気なので、なんとか残ってほしい池です。
地図とデータ
項目名
所在地 埼玉県加須市
湖の成因 河跡湖
周囲総長 -
面積 約0.004[km^2]
最大水深 -
貯水量 -
標高 約14[m]
河川 -
写真アルバム