interact-photogallery.net」ドメインでアクセスしている方へ
お手数をおかけしますが、「日本湖沼めぐり」のドメインを「lakes-japan.net」へ移行するため 新しいドメインのトップページへアクセスし直してください。
大変恐れ入りますが、よろしくお願い申し上げます。
新しいドメイン http://www.lakes-japan.net
閉じる

大正池

TAISHO POND

立ち枯れの木々と穂高の山々を望む、上高地の代表的な景勝地

Lake Travelogue : #120
Update : 2019/10/13
大正池
5STAR-LAKE
概要
下界と上高地を隔てる関門のごとく、梓川沿いに鎮座ましましている釜トンネル。
ここから先は一般車立ち入り禁止。徒歩や自転車以外で上高地に入るには、バスやタクシー等に乗り換える必要があります。

釜トンネルを抜け、上高地へ入るとまず見えてくるのが大正池。 大正時代に焼岳の噴火によって発生した土砂によって、梓川が堰き止められることにより形成されました。
現在では、大正池は発電所の調整池としても利用されています。 調整池としての機能を維持するために、毎年冬に底を浚渫しているのだそうです。 上流から供給される土砂が非常に多いので、底を浚渫しないと10年足らずで大正池は埋まってしまうのだそうです。

水の透明度は高く、泳ぐ魚やカモの足の動きまで見ることができます。 北を向けば穂高岳、西を向けば焼岳が望め、池の中には立ち枯れの木々が並ぶ風景は、 パンフレットなどにもよく載る上高地の代表的風景です。
現在では、ほとんどの木々が枯れてしまったのか、池のなかの立ち枯れの木々は非常に少なくなっています。

バスは上高地バスターミナルが終点ですが、せっかく上高地に訪れたのなら、 時間に余裕があれば、終点の手前の大正池バス停で下車されることをお勧めします。 そこから大正池、田代池を経由しながら、バスターミナルまでは徒歩1時間ほど。すばらしい大正池の景色を楽しむことができます。

訪問記
訪問記2:2019/10/05
大正池
大正池バス停から大正池へ。
ここは穂高方面に登りに行く際は、いつも時間の都合上素通りしてしまうことが多いので、 大正池の畔にしっかり立つのは実に7年ぶりになります。
大正池
大正池の畔にて。
大正池
焼岳。 紅葉には早すぎましたね。標高1500mではまだ青葉です。
大正池
それでも、わずかには色づいてきているでしょうか?
大正池
穂高岳方面。よく晴れました。
大正池
静かな大正池の水面。
大正池
ワイドだと水面の逆さ焼岳がフレームに入らないですね。
大正池
4:3サイズにしたら、逆さ焼岳が入りました。
大正池
定番の風景ですが、良いものは良いです。
大正池
穂高岳、上の方は色づいてきていますね。
大正池
逆さ穂高。
大正池
立ち枯れの木々はだいぶ少なくなりました。
大正池
池のカモ。
大正池
岳沢にわずかに雪が残っていますね。
大正池
森の中から大正池。
訪問記1:2012/08/10
大正池
焼岳と大正池
大正池
この日は初の槍ヶ岳遠征でした。今後の展開に期待が膨らみます。
大正池
オシドリの雌?
地図とデータ
項目名
所在地 長野県松本市
湖の成因 堰止湖
周囲総長 約2.4[km]
面積 -
最大水深 約3.9[m]
貯水量 -
標高 約1490[m]
河川 梓川(流入・流出)
写真アルバム