interact-photogallery.net」ドメインでアクセスしている方へ
お手数をおかけしますが、「日本湖沼めぐり」のドメインを「lakes-japan.net」へ移行するため 新しいドメインのトップページへアクセスし直してください。
大変恐れ入りますが、よろしくお願い申し上げます。
新しいドメイン http://www.lakes-japan.net
閉じる
ホーム 関東甲信越の湖沼 根知白池

根知白池

SHIROIKE POND

大迫力の頸城駒ケ岳、鬼ヶ面山を望む山間の池

Lake Travelogue : #563
Update : 2024/02/17
根知白池
概要
糸魚川市の南部、雨飾山の西麓の山間部にある池、白池(しろいけ)。 同じ糸魚川市の蓮華地区にも白池(しらいけ)という 池があるため、便宜上こちら根知の白池は「しろ池」と平仮名で記載されることが多く、 近隣のキャンプ場も「しろ池の森」、と名づけられており、観光協会のウェブサイトなどでも「しろ池」と案内されています。
白池のすぐそばまで車道が通じているのですが、一般車両が入れるのは前述のしろ池の森駐車場まで。そこから先は徒歩で白池へ向かうことになります。 (自転車はたぶん大丈夫)
車道を歩いてもいいですし、遊歩道もあるのでそちらを歩いてもいいです。しろ池の森駐車場から白池までの所要時間は徒歩でおよそ20~30分程度といったところです。 白池の東側の森の中には、蛙池(がえろいけ)という池もあります。

白池の魅力は、池の畔から眺める雨飾山や、頸城駒ケ岳といった山々の風景です。 白池の北西の畔からは雨飾山を望むことができます。また、戸倉山へ向かう登山道をすこし入ったところにある斜面からは池越しに頸城駒ケ岳や鬼ヶ面山を 望むことができます。その圧倒的な迫力が、この白池の風景の大きな魅力です。
白池という名前ではあるものの、池の水はやや緑がかった、セルリアンブルーといえばいいのか、すこし不思議な色をしています。 ある意味、普通の水にくらべれば白っぽいと言えなくはないかもしれません。この不思議な味わい深い湖水の色も、魅力です。

訪問記
訪問記1:2023/11/03
矢ノ原沼
新潟県糸魚川市の根知川上流にある、しろ池の森。
ここが白池(しろいけ)への入口です。
矢ノ原沼
駐車場からは、頚城駒ヶ岳と鬼ヶ面山が見えます。
矢ノ原沼
そして雨飾山登場。
矢ノ原沼
雨飾山頂上の双耳峰が良く見えます。
矢ノ原沼
白池へ進む遊歩道。紅葉が美しいです。
矢ノ原沼
なかなかいい道じゃないですか。
矢ノ原沼
上り詰めると、奥に白池がみえてきます。
矢ノ原沼
見えてきました。白池。
ちょっと裏口から入ってしまったようです。
根知白池
畔の紅葉が見事。
根知白池
早い時間なので、まだ人気が無い白池。
このあと、人がたくさん訪れてきます。
根知白池
背後に紅葉が見事な戸倉山の斜面。
根知白池
いいところですね。
根知白池
白池の畔からも雨飾山を望むことができました。
根知白池
紅葉の白池と雨飾山
根知白池
戸倉山東麓の美しい紅葉。こんないい所と知っていれば、ちゃんと登山の準備をして、戸倉山に登ればよかったですね。
根知白池
少し登ると、白池越しに頚城駒ヶ岳を望む絶景ポイントがありました。
根知白池
美しい白池の風景。
根知白池
水面に映る紅葉。
根知白池
11月になってもまだこれだけの紅葉が見られる、やはり今年(2023年)は紅葉が遅いですね。
根知白池
ところどころに美しい紅葉が見られますね。
根知白池
白池の水鏡。
根知白池
紅葉が美しいですね。
根知白池
水面に紅葉を映して
根知白池
白池のほとり。こちらの東屋があるほうがメインの入り口になります。
根知白池
ついつい写真を撮ってしまいます。
根知白池
美しい白池の風景。
根知白池
池の周りを一周して戻ってきました。
根知白池
最後に、もう一度白池越しの雨飾山を。
根知白池
帰りの林道、雨飾山の雄大な景色が目を引きます。
左奥にはちらりと焼山も見えていますが、もう焼山は冠雪していますね。
根知白池
駐車場に戻ってきました。
地図とデータ
項目名
所在地 新潟県糸魚川市
湖の成因 -
周囲総長 -
面積 -
最大水深 -
貯水量 -
標高 約636[m]
河川 -
写真アルバム