interact-photogallery.net」ドメインでアクセスしている方へ
お手数をおかけしますが、「日本湖沼めぐり」のドメインを「lakes-japan.net」へ移行するため 新しいドメインのトップページへアクセスし直してください。
大変恐れ入りますが、よろしくお願い申し上げます。
新しいドメイン http://www.lakes-japan.net
閉じる
ホーム 関東甲信越の湖沼 四十八池

四十八池

SHIJUHACHIIKE SWAMP

志賀山の南部に位置する、多くの池塘が印象的な湿原。

Lake Travelogue : #78
Update : 2022/08/21
四十八池
5STAR-LAKE
概要
四十八池は、志賀高原に点在する湖沼のうちの1つ。 志賀山と鉢山の間に位置する湿原です。
この湿原は広大というわけではないですが、それなりの規模があり、 そしてなにより、非常に多くの池塘を有することから、この名前で呼ばれています。 現地にある案内板によると、実際は48どころではなく大小60余りの池塘が存在するとのことです。
多くの貴重な動植物の生息地となっており、日本の重要湿地500に選定されているとのことです。志賀高原を訪れたら、ここまで脚を伸ばしてみてはいかがでしょうか。 季節によって、ミズバショウ、モウセンゴケ、キンコウカ、イワショウブ、ミズギク、コバイケイソウ、ワタスゲといった湿原の植物が見られ 点在する池塘と、背後に聳える志賀山や鉢山の風景が、とても美しい湿原です。

訪問記
訪問記2:2022/08/11
四十八池
志賀山神社の入り口に到着。
ここで左折すると四十八池です。
四十八池
四十八池。
志賀山と鉢山に囲まれた空間にある湿原で、その名の通り数多くの池塘が点在します。
四十八池
イワショウブ。
湿原はもう秋の花が主役ですね。
四十八池
キンコウカ。
四十八池
四十八池中央付近の大きな池塘。
四十八池
池塘と青空の相性は抜群です。
四十八池
ここはかなりモウセンゴケが多いです。
四十八池
池塘越しに裏志賀山を望む。
四十八池
池塘の縁がほんのり赤いのは、モウセンゴケによるものです。
四十八池
池塘の中もよく見えます。
四十八池
四十八池を振り返って。
湿原の中央に木道が通り、池塘が点在しています。
四十八池
美しい湿原の風景です。
四十八池
湿原に咲くミズギク。
四十八池
池塘と裏志賀山の風景が美しいです。
四十八池
池塘と山の風景。
四十八池
裏志賀山に向かう登山道にて。
眼下に、さきほど(20分ほど前)までいた四十八池が見えました。 
四十八池
上から見ると、四十八池の池塘の様子がよくわかります。
訪問記1:2011/07/10
四十八池
四十八池の風景。
四十八池
多くの人で賑わっています。
地図とデータ
項目名
所在地 長野県下高井郡山ノ内町
湖の成因 湿原池
周囲総長 -
面積 -
最大水深 -
貯水量 -
標高 約1880[m]
河川 -
動画
写真アルバム