interact-photogallery.net」ドメインでアクセスしている方へ
お手数をおかけしますが、「日本湖沼めぐり」のドメインを「lakes-japan.net」へ移行するため 新しいドメインのトップページへアクセスし直してください。
大変恐れ入りますが、よろしくお願い申し上げます。
新しいドメイン http://www.lakes-japan.net
閉じる
ホーム 関東甲信越の湖沼 高田堰トンボの沼

高田堰トンボの沼

TAKADASEKI POND

夷隅の農村に佇む葦原の池

Lake Travelogue : #357
Update : 2019/03/20
高田堰トンボの沼
概要
房総半島の南東部に位置するいすみ市。
いすみ市の内陸には複雑に入り組んだ谷戸がいくつもあり、そこに水田があって、ため池が造られています。 この高田堰も、そんなため池の1つであると思われますが、池のほとりには葦原が広がり、水面にはヒツジグサ(スイレン)の 群落がみられるなど、どちらかといえば野生生物をはぐくむ湿地としての側面が大きくなっていそうです。
現在では「トンボの沼」という名が付けられ、生物観察の場として利用されています。 長閑な山里を絵に描いたような、そんな夷隅の田園地帯の池です。
訪問記
訪問記1:2019/03/17
高田堰トンボの沼
高田堰トンボの沼入口。
ビジターセンターのような建物が建っていますが、この日は閉まっていました。
高田堰トンボの沼
高田堰の南部には葦原が広がっています。
高田堰トンボの沼
長閑な夷隅の田園地帯の池です。
高田堰トンボの沼
雲間から太陽。
高田堰トンボの沼
この池が最も多くの生き物に彩られるのは、もう少し先のことになるでしょう。
地図とデータ
項目名
所在地 千葉県いすみ市
湖の成因 農業用ため池
周囲総長 -
面積 -
最大水深 -
貯水量 -
標高 約12[m]
河川 -
写真アルバム