interact-photogallery.net」ドメインでアクセスしている方へ
お手数をおかけしますが、「日本湖沼めぐり」のドメインを「lakes-japan.net」へ移行するため 新しいドメインのトップページへアクセスし直してください。
大変恐れ入りますが、よろしくお願い申し上げます。
新しいドメイン http://www.lakes-japan.net
閉じる
ホーム 中国四国の湖沼 室内池

室内池

MURONOUCHI POND

三瓶山火口跡に水を湛える火口池

Lake Travelogue : #365
Update : 2019/04/14
室内池
概要
島根県中央部に聳える雄大な火山、三瓶山。およそ10万年前~4000年前にかけて 7回ほどの火山活動を行ったとされており、その過程で形成された火口の窪地(これは土砂崩れで形成されたとのこと)に水が溜まったのが室内池です。 三瓶山は男三瓶山、女三瓶山、子三瓶山、孫三瓶山の4つの峰を持つ山で、火口の室の内からは、これら4山を 見上げるような格好になりますし、逆に各山の上からは、眼下に室内池を見ることができます(孫三瓶山だけは池が見えないですが)。

もう4000年間は活動していないということになる三瓶山ですが、いまでも室の内には「鳥地獄」と呼ばれる 大きな木が育たない箇所があります。これは、火山ガスの影響によるものとのことで、この山が生きた火山であることを実感します。 そんな室の内にある室内池も、生き物には厳しい環境であるようで、水質は貧栄養で生き物はあまりいないそうです。 コイが泳いでいましたが、魚はコイくらいしかいなさそうでした。

訪問記
訪問記1:2019/04/06
室内池
男三瓶山の山頂より、眼下に室内池が見えました。あそこまでいきます。
室内池
室ノ内池が少し鮮明に見えるようになってきました。
室内池
男三瓶さんから見る子三瓶山と孫三瓶山。
室内池
なんと、すぐそばでウグイスが鳴いていました。間近で見るのは初めてです。
もちろん鳴き声はいやと言うほど聞いてますが、基本ウグイスは藪の中にいて、姿は全く表さないことがほとんどです。
室内池
子三瓶山から見る室内池と女三瓶山。山で囲まれた一帯が火口跡の室の内です。
室内池
男三瓶山→子三瓶山→孫三瓶山と歩いて、室の内へ向かいます。
室内池
女三瓶山を見上げる。室ノ内は火口跡なので、どこを見ても山に囲まれているので、ちょっと圧迫感があります。
室内池
鳥地獄の草地を抜けて、室内池が見えてきました。
室内池
火口跡付近にできた池で、水は緑がかっていますが、かなりの貧栄養湖だそうです。
室内池
コイかな? いちおう魚もいるにはいます。
室内池
女三瓶山と室内池。  これは良い風景です。その池の美しい風景を、しっかりと堪能したいものです。
室内池
振り返って孫三瓶山と室内池。
室内池
朝とはまったく違う風景になりました。
室内池
最後に登った女三瓶山より、子三瓶山と孫三瓶山、室内池が一望できます。
ここが最も室の内の展望が良い場所かもしれません。
地図とデータ
項目名
所在地 島根県大田市
湖の成因 火口原湖
周囲総長 -
面積 約0.011[km^2]
最大水深 約1.4[m]
貯水量 -
標高 約685[m]
河川 -
写真アルバム