このサイトについて サイトマップ リンク集 ウェブサイトエントランス
日本湖沼めぐり場所から湖沼を探す関東甲信越の湖沼>多々良沼
OOO 多々良沼 TATARANUMA POND
水田と松林に囲まれた、白鳥飛来地として知られる沼。
多々良沼

多々良沼
地図 フォトギャラリー 「関東甲信越の湖沼」に戻る
EXPLANATION
館林市と邑楽町の境界付近、田園地帯に広がる沼が多々良沼です。白鳥の飛来地としても知られています。
まわりは水田、東部には松林があります。沼岸は公園として整備されており、野鳥を観察する人や釣り人が目立ちます。
沼の北部には遊歩道が整備されており、『夕陽の小径』と名前がつけられています。ここから夕陽が沈む様子を眺めることができます。
沼の中央には、沼に突き出た形で弁財天が祭られています。

DATA OF TATARANUMA POND
所在 群馬県館林市
群馬県邑楽郡邑楽町
湖の成因  -
周囲総長  約7[km] 面積 約0.75[ku]
最大水深 約2[m] 貯水量 -
標高 約20[m] 河川 -

YAHOO! MAP
このページの先頭に戻る
PHOTOGALLERY OF TATARANUMA POND
サムネイル画像をクリックすると、拡大画像がご覧いただけます。戻るときはブラウザの「戻る」ボタンをクリックしてください。
2011.1.9
多々良沼東岸より 夕陽の小径から 中央には、弁天島があります 水鳥と釣り人
多々良沼の西にあるガバ沼 西岸の多々良沼公園から 数種の白鳥が 弁天神社への道

このページの先頭に戻る
「関東甲信越の湖沼」ページに戻る
THANK YOU FOR VISITING
ホーム このサイトについて サイトマップ リンク集 ウェブサイトエントランス 場所から湖沼を探す 一覧から湖沼を探す 湖沼について その他の写真
copyright(C) INTERACT PHOTOGALLERY 2007-2011