自鑑水

JIKANSUI POND

源頼朝の伝説がある、樹林帯の小さな池

自鑑水

自鑑水

EXPLANATION
管理人の訪問記はこちら(外部サイト『ヤマレコ』へのリンク)
梅林で知られる湯河原の幕山山頂近くに、自鑑水(じかんすい)という名前の小さな池があります。
一見すると水たまりのようにも見え、その云われが無ければ何気なく通り過ぎてしまうような池です。

この池には、次のような云われがあるそうです。
1180年の石橋山の戦いで敗れた源頼朝が、敗走中にこの池にたどりつき、水面に映る自分の顔を見て自害を思いとどまった、というものです。池のほとりの石碑にもその云われが記されています。
YAHOO! MAP
DATA
所在地 :神奈川県足柄下郡湯河原町
湖の成因:-
周囲総長:-
面積  :-
最大水深:-
貯水量 :-
標高  :約570[m]
河川  :なし
PHOTOGALLERY OF JIKANSUI POND
スライドショーを自動再生しています。一時停止ボタンをクリックすると、自動再生が止まります。
画像をクリックすると、外部ページ(Picasa ウェブアルバム)にジャンプします。